「きょうは会社休みます。」は男こそ見るべきドラマだ!

Googleにいじめられて検索に出なくなってしまったので、下記クリックしてもらえると嬉しい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ

---------------------------------------------------------------------------------

今日は珍しくドラマの話をしてみる。
綾瀬はるか主演の「きょうは会社休みます」についてだ。


【男こそ見るべきドラマだ!】

ストーリーをざっくり書くと、モテない30歳処女が、なぜか年下のイケメン大学生や、これまたイケメンの社長に突然モテ始めて右往左往する…って話。
まぁ女性の妄想満載の内容だ。

なので、本来は女子向けのドラマなのだろう。
あらぬ妄想をしてキャッキャする感じって言うか。

だが、実は男こそ見るべきだとオレは思う。

なぜなら、女性が男にしてほしい言動も満載だからである。


【スマートな強引さってのが分かる】

で、その男にしてほしい言動ってのが、例えばちょっと強引とか言われるあれだ。

例えば、「今度は僕が奢りますから、ご飯行きましょう」とか、実にスマートかつ強引である。

普通の男だと「いつ空いてますか?」とか、「好きな食べ物はなんですか?」とか相手にたずねてしまうが、そこをすっ飛ばしている。
いや、すっ飛ばすだけだと「今度、メシ行こうぜ!」みたいにただ強引になってしまう。

そこを「奢る」という理由をつけて、だが強引に「行こう」と言っている。
いいよ、実にさりげない…。

こういうのが大事なのだ、女性には。
質問されると、「えっ、どうしようかな…」ってなって、そこがなんか男らしくない気がするんだよ。
強引すぎても、「いやいや、ムリっしょ…」ってひくのだよ。
たぶん。

まぁ、そんなことがストーリーのあちらこちらにちりばめられている。

ただ漫然と見るのではなく、そこに出ている男がどう女性を誘っているか、口説いているかを見てマネすれば超参考になるぞ。


【ただし「イケメンに限る」こともあるから注意!】

とは言え、イケメンだからアリって言動もあるので、そこは注意が必要だ。

例えば、それとなく女性に上着を貸したりしていたが、これはイケメンじゃないとキツイ。
普通の男がやっても絵にならない。

あと、ラーメン屋に誘ったりもしているが、これもイケメンだからこそ、って部分がある。
イケメンが普通のラーメン屋だとそのギャップがアリなのだが、普通の男がラーメン屋だとただの日常の風景である。
基本的には、やめといたほうがいいだろう。

そういうところは自己判断で取捨選択してくれ。


てことで、「きょうは会社休みます。」は男こそ見るべきだ!って話ね。

次回は、女性はこのドラマ見るときちょっと気を付けようね…ってことでも書こうと思う。


PR

↓から申し込んで参加してくれるとオレが儲かる、って奴なんだけど、全部自分でやってみた経験を元に書いてる。
良かったらよろしく頼む。



出会い系やるならFacebook経由でサクラがおらず、登録者数が多い【pairs】
ちょっとマメさは必要だがそんなに費用もかからないので、婚活の登竜門的な感じだ。




ネットの評判は一番良いお見合いパーティーがホワイトキー
途中で配られるのと、終わってからネットで見られる分析されたデータは確かに凄い。何が何でもカップル成立したい人には良い。




一人でも、グループでも合コンセッティングしてくれる[ Rush(ラッシュ)]

お見合いパーティーよりしっかり話せるので人柄で勝負できる。要するに普通の人にはこれが一番良いかも。




なぜか真面目に婚活してる感じの人が多いお見合いパーティーがPARTY☆PARTY。
人数が少ない分、一人一人とちゃんと話せる。また、運営もしっかりしている。




いかにも婚活なお見合いパーティーはエクシオ

良くも悪くも定番のスタイルだから、まず一度行ってみてからどういう婚活が自分に向いてるか考えるのが良い。ちなみに、女性は参加費が安い。

タグ: 婚活自論

婚活は辛抱我慢だけじゃないって話

Googleにいじめられて検索に出なくなってしまったので、下記クリックしてもらえると嬉しい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ

---------------------------------------------------------------------------------

このブログでも色々書いてきたが、別に婚活はものすごーく辛いもので、ひたすら我慢して努力してなきゃいけない、だけのものではない。

たまには楽しいこと、嬉しいこともある。
また、努力するだけの価値もある。

今日はそんな内容で書こうと思う。


【婚活の努力は目に見える】

まず、婚活の努力って割と報われるのだ。

どんな女性とも会話のキャッチボールができるようになったとか、回答が難しい質問にも上手く答えられるようになったとか、デートまで行く回数が増えたとか、そういうのは経験を積めば出来るようになっていくこと。
そのたびに、「あぁここまで来たんだな…」とか「楽しい」とか思うことは、ある。

てかねぇ、婚活なんて本気でやってる人はほとんどいないんだよ。

何となく「モテないわけじゃないけど、好奇心でやってみた」ぐらいに自分で思いこませてやってちょっとやったらへこんでやめる人がほとんど、あとは上手く行かないやり方をバカの一つ覚えて延々やる人とかばっかり。
だから、行動し続けながら、少しでも頭使ってれば、だんだんと上手くなる。
そういう中には、それなりの喜びもある。

しかも、婚活って一瞬で終わる可能性が常にある。

ぜんぜん上手く行かなくて落ち込んでても、それが明日たまたま相性の良い人と出会ったら婚活終了。
そういうことが普通にあるわけだ。

【婚活は努力するだけの価値がある】

オレはきれいごとが好きじゃないので、やみくもに「努力すれば報われる」みたいな話は好きじゃない。
というか、嫌い。

どんなにがんばっても出来ないことはある。
むしろ、がんばらなきゃ良かった…ぐらいのことだってある。

だけど、婚活は明らかに努力しといたほうが良いことの一つ。

結婚って、仕事と同じぐらい人生で重要なこと。
簡単な話で、そこに費やす時間が多いから。

結婚して何もなければ、まぁ50年とか60年とか、今まで生きてきた人生の倍ぐらいの時間を一緒に過ごすことになる。
そこがんばらないとダメでしょ、マジで。

結婚は勢いとかタイミングとか言うけどさぁ、勢いでブラック企業に入ったら人生終わりかねないでしょ?
同じぐらい重要なことじゃんね。


ということで、婚活は努力する価値があって、かつ努力がそれなりに報われやすい世界だってことね。
次回は、ドラマ「きょうは会社休みます」について書こうと思う。



PR

↓から申し込んで参加してくれるとオレが儲かる、って奴なんだけど、全部自分でやってみた経験を元に書いてる。
良かったらよろしく頼む。



出会い系やるならFacebook経由でサクラがおらず、登録者数が多い【pairs】
ちょっとマメさは必要だがそんなに費用もかからないので、婚活の登竜門的な感じだ。




ネットの評判は一番良いお見合いパーティーがホワイトキー
途中で配られるのと、終わってからネットで見られる分析されたデータは確かに凄い。何が何でもカップル成立したい人には良い。




一人でも、グループでも合コンセッティングしてくれる[ Rush(ラッシュ)]

お見合いパーティーよりしっかり話せるので人柄で勝負できる。要するに普通の人にはこれが一番良いかも。




なぜか真面目に婚活してる感じの人が多いお見合いパーティーがPARTY☆PARTY。
人数が少ない分、一人一人とちゃんと話せる。また、運営もしっかりしている。




いかにも婚活なお見合いパーティーはエクシオ

良くも悪くも定番のスタイルだから、まず一度行ってみてからどういう婚活が自分に向いてるか考えるのが良い。ちなみに、女性は参加費が安い。

タグ: 婚活自論

女性向け婚活シリーズのまとめ

Googleにいじめられて検索に出なくなってしまったので、下記クリックしてもらえると嬉しい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ

---------------------------------------------------------------------------------

本文と全然関係ないんだが、今さっき、我ながらあまりにも感動的なコラムを書いてしまった。
別に宣伝ではないし、自画自賛にもほどがあるような気がするのだが、ほんと純粋にそう思って思わず書いてしまった。

掲載はおそらく明後日だ。
読んでくれると嬉しい。

↑間違えた、来週の火曜だ!

ということで、なんか感極まって、この記事が変な文章になりそうだが、とにかく書こう。


で、長々続けた「女性向けシリーズ」もようやく終わり。
最後ということで、今日は今までのまとめをしようと思う。


【数を撃つこと、やり方を変え続けること】

まず、一番言いたいことから。

「下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる」

当たり前だが、出会いの数を増やすことが最も大事である。
例え、命中率が1%でも、100回撃てば一発ぐらいは当たるわけで、そのたったの一発が当たれば婚活は終了だ。

そのために、やれ婚活を習慣にしろと、さらに、どうやれば習慣になるのかを書いた。

そして、もう一つ大事なことが、婚活の方法を変え続けること。

オレが結婚相談所で全く上手く行かなかったように、その婚活が上手く行かないのはやり方の問題ってこともある。
なので、やり方を変えることも大事なのだ。

さらに、それを具体例で説明するために、出会い系やったらどうだったとか、お見合いパーティーやったら上手く行ったとか色々書いた。

一つの方法に慣れると、それがラクだからそればっかりになってしまいがちだ。

しかし、婚活で大事なのは結果。
その方法が上手く行っているかをシビアに見て、必要とあればすぐにやり方を変えるフットワークの軽さが大事だ。


【時には相手を変えるぐらいの積極的であれ】

それと、もう一つ書いたのが、

「髪型とかファッションとか趣味とか、そんなの変えられるから気にするな」

ってこと。

先日、少女マンガを読んでて思った。
やっぱり女性は、イケメンが勝手に好きになって、ちょっと強引にでもスマートにリードしてくれる、みたいな状況が好きなんだろうな、と。
いや、だって要するにそういう話ばっかなんだもん。

でも、現実でそんなことはまず起こらない。
だから、相手を変えるぐらいの積極性を持ってほしい。


【運命の相手は作り作られるのだよ、たぶん】

思うんだけど、人って受身じゃ幸せになれないんだよ。

ちょっと強引な彼が最初は好きでも、その強引さがいつかはウザくなるんじゃない?
…みたいな。
何となく分かってもらえると嬉しいんだけど。

当たり前だけど、人ってみんな違うわけだ。
まして男と女だと、育ってきた環境が全然違う分、同性より分かってもらえない。

だから、自分から相手に自分のことを分かってもらえるよう、主張しなきゃいけない。
時には、相手を変えるぐらいのことも必要かもしれない。

それが遅いか早いかの違いだけで、別に結婚する前からそれでもいいと思う。
現実問題、その方が選べる相手も増えるってこともあるし。

少なくとも、結婚してからもずーっと受身の状況は相当悲劇だと思うわ。
なので、婚活の時点で積極性を発揮して、がんばってもらいたい。


ということで、このシリーズは終了。

次回は、もらったままになってた質問に答える予定。
遅くなってすまん。


PR

↓から申し込んで参加してくれるとオレが儲かる、って奴なんだけど、全部自分でやってみた経験を元に書いてる。
良かったらよろしく頼む。



出会い系やるならFacebook経由でサクラがおらず、登録者数が多い【pairs】
ちょっとマメさは必要だがそんなに費用もかからないので、婚活の登竜門的な感じだ。




ネットの評判は一番良いお見合いパーティーがホワイトキー
途中で配られるのと、終わってからネットで見られる分析されたデータは確かに凄い。何が何でもカップル成立したい人には良い。




一人でも、グループでも合コンセッティングしてくれる[ Rush(ラッシュ)]

お見合いパーティーよりしっかり話せるので人柄で勝負できる。要するに普通の人にはこれが一番良いかも。




なぜか真面目に婚活してる感じの人が多いお見合いパーティーがPARTY☆PARTY。
人数が少ない分、一人一人とちゃんと話せる。また、運営もしっかりしている。




いかにも婚活なお見合いパーティーはエクシオ

良くも悪くも定番のスタイルだから、まず一度行ってみてからどういう婚活が自分に向いてるか考えるのが良い。ちなみに、女性は参加費が安い。

タグ: 婚活自論

街コンとか、合コンとかについて

Googleにいじめられて検索に出なくなってしまったので、下記クリックしてもらえると嬉しい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ

---------------------------------------------------------------------------------

前回、お見合いパーティーの体験談について書いた。
今回は今まで紹介しきれなかった方法を分かる範囲でざざっと書いていこうと思う。

そして婚活の具体例の紹介は、今日で最後にする。


【街コンは基本チャラい、田舎ならアリかも!?】

まず、もはや定番になりつつある、「街コン」。
これはチャラいからやめとこうか。

行けば分かるけど、ナンパ師みたいな男ばっかりだ。
普通の男では勝負にならない。

女性も真面目な出会いを作るのはちょっときついだろう。

強いて言えば、場所が繁華街じゃなければアリかも。

東京でも巣鴨とかね。
行ったことないけど、地方とかもいいかもね。

ちなみに、男女ともアラサーぐらいが多かったね。


【合コンは信頼できる異性の知り合いがいればいいんじゃない?】

婚活に限らず、出会いの定番と言えば「合コン」だろう。
オレもそれなりにはやった。

こればっかりは玉石混交なので、まぁ信頼できる異性の知り合いがいるかどうかだね。
類は友を呼ぶから、きっと良い人を連れて来てくれると思われる。

ちなみにオレは、30歳すぎた頃には友達みんな結婚してて、ほとんど合コン出来なかった。
そういう問題もあるよね。


【出会い目的じゃないイベントは、場合によっては良い】

あとは、ネットのオフ会みたいなのとか、何かの教室とか、異業種交流会とかね。

こういうのは男女比しだい。
1対1ぐらいなら良いと思う。

まぁ、そういうところって、結構恋愛を求めてる人もいるからね。
オレもオフ会みたいのは、本格的に婚活する前に結構行ってた。

ただ、面倒くさくなっちゃってやめたけどね。
行ったら男だらけだったり、また二人で会う理由を考えるのが面倒だったりしてさぁ。


【ナンパはダメ、絶対】

ナンパは男女ともにダメね。

まず、女性に関して言うと、ナンパ師についてっちゃダメだから。
その辺の理由はココロニプロロの記事に前書いた。

男はなぜナンパするのか?~あなたの知らないディープな世界
http://cocoloni.jp/love/koiura/42030/


男も、いきなり一念発起してナンパしたりしなくていいから。
9割方ムシされるし、ナンパについてくる女ってロクなもんじゃない。

昔、ナンパブログ書いてて炎上したオレが言ってんだから、間違いない。

…ただねぇ、オレ試してないんだけど、店員さんとかにラブレター渡すって作戦はありかも。
下の本に載ってて、婚活がどうしようもなかったら実はオレやろうと思ってたんだよね。



まぁ難易度は相当高いけど。


…て、感じかな。

とにかく、もう散々書いてるけど、出会いの作り方はほんと向き不向きあるから、色々試してくれ。

ということで、来週は今までのことをまとめて、女性向けシリーズ終了の予定。
ところどころで男性にもアドバイスしてたけど、、、まぁそういうこともある。


PR

↓から申し込んで参加してくれるとオレが儲かる、って奴なんだけど、全部自分でやってみた経験を元に書いてる。
良かったらよろしく頼む。



出会い系やるならFacebook経由でサクラがおらず、登録者数が多い【pairs】
ちょっとマメさは必要だがそんなに費用もかからないので、婚活の登竜門的な感じだ。




ネットの評判は一番良いお見合いパーティーがホワイトキー
途中で配られるのと、終わってからネットで見られる分析されたデータは確かに凄い。何が何でもカップル成立したい人には良い。




一人でも、グループでも合コンセッティングしてくれる[ Rush(ラッシュ)]

お見合いパーティーよりしっかり話せるので人柄で勝負できる。要するに普通の人にはこれが一番良いかも。




なぜか真面目に婚活してる感じの人が多いお見合いパーティーがPARTY☆PARTY。
人数が少ない分、一人一人とちゃんと話せる。また、運営もしっかりしている。




いかにも婚活なお見合いパーティーはエクシオ

良くも悪くも定番のスタイルだから、まず一度行ってみてからどういう婚活が自分に向いてるか考えるのが良い。ちなみに、女性は参加費が安い。

タグ: 婚活自論

出会い系はメールが嫌いなのでダメだった

Googleにいじめられて検索に出なくなってしまったので、下記クリックしてもらえると嬉しい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ

---------------------------------------------------------------------------------

今日もココロニプロロに【オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門】の記事がアップされたので、まずはその宣伝をさせてくれ。

結婚願望がない彼をその気にさせる方法…なんてあるわけない!
http://cocoloni.jp/love/koiura/45662/


タイトルそのままの内容だが、

「5年付き合ってる彼が、全然結婚する気がないみたいなんです…。」

ってリアルに相談されたときに、「何てムダなことをしているのだ!バカヤロー!」と思い、その勢いで書き上げた。

改めて読んでみたが、切れ味が鋭すぎて、オレ以外にこんなの書く人いるんかいな?と自分で思ってしまった。
まぁ、読んでみてくれ。


ところで、ココロニプロロでコラムを書き始めたおかげで、順調にアクセスが増えてきた。

たまたまオレの記事を読んでくれた人が、このブログも見に来てくれてるってわけだ。
ありがたいことだ。

ちなみに、さすがに他人様の会社のサイトで炎上しそうなことは書けないので、少し抑え気味に書いたり(とはいえ、ボヤぐらいは起こっているようだが…)、万人に受けやすいよう、言いたいことは同じでもちょっとキャッチーになるよう心がけている。

ということで、本当に言いたいことはブログに書いているので、どうぞこちらもよろしく。
ただし、第三者のチェックがない分、文章がおかしかったり、誤字脱字もあるのだが、そこはご愛嬌ということで。

あと、質問もいただいているが、ちょっと区切りがいいところまでオリジナル記事を続けようと思っているので、しばしお待ちを…。

てわけで、本文に戻る。


えぇ、書評はさんだので前々回、みなさんの参考になればと、オレの結婚相談所での体験談を書いた。

今日はその続きで出会い系やったときのこと。

【出会い系はとりあえず安い】

結婚相談所で失敗したので、次の婚活方法を考えた。

失敗するのは仕方ないとしても、相談所のように多額の費用がかかってしまうのは避けたかったので、とりあえず月に2000~3000円でできそうということで、出会い系を探した。

そうしてやったのが、Facebook経由で登録する出会い系。
このブログでも宣伝してるpairsとかね。

ちなみに、それ以外の出会い系もやったのだが、まぁ登録者数が少なかったり、写真がなかったりで、すぐにやめた。

【せっかちな上にメールが面倒くさかった…】

その辺のことは過去の記事にも書いてあるんだけど、とにかくメールが面倒くさかったんだよね。

どうでもいいメールのやり取りが大変だけど、いきなり会うわけにはいかないからがんばる。

ところでメールが面倒ってのは性格の問題だな。
普通の友だちとでも、オレ、用件以外のメールはほとんどしないもんね。

で、がんばって会ってみたら、

「写真と違うんですけど…」

みたいな人だったときのがっかり感…。

そんなわけで、あっさりと主戦場をお見合いパーティーに乗り換えたのだった。

安いから、婚活中ずっとやってはいたんだけどね。
いかんせん、会った人数が少なすぎて結果には結びつかなかったな。

【女性には出会い系いいんじゃない?】

ただ、婚活女子の話を聞いてると、女性には出会い系よさそうだね。

写真さえがんばって撮って、それなりに自己紹介の文章書けば、あとはほっといても男から大量にアプローチされる。
その中から選別すればいいわけで。

ところが、男の場合だとこっちから「いいね」押したりしなきゃなんないからね。

オレは、ビジネスのごとくPDCAサイクルを回して、それなりに女性からアプローチされるようにがんばったんだけど、それでも週に1,2回ぐらいだったな。
女性から来るのは。


あと、男でもマメな人はいいんじゃない。

メールするのが苦じゃなくて、写真変えたり、プロフィール変えたりの細かい作業が好きなら。
実際会わない分、やりようは多いっちゃ多いんだな。


出会い系に関してはざっくり言うとそんな感じ。

次回はお見合いパーティーについて書こう。


PR

↓から申し込んで参加してくれるとオレが儲かる、って奴なんだけど、全部自分でやってみた経験を元に書いてる。
良かったらよろしく頼む。



出会い系やるならFacebook経由でサクラがおらず、登録者数が多い【pairs】
ちょっとマメさは必要だがそんなに費用もかからないので、婚活の登竜門的な感じだ。




ネットの評判は一番良いお見合いパーティーがホワイトキー
途中で配られるのと、終わってからネットで見られる分析されたデータは確かに凄い。何が何でもカップル成立したい人には良い。




一人でも、グループでも合コンセッティングしてくれる[ Rush(ラッシュ)]

お見合いパーティーよりしっかり話せるので人柄で勝負できる。要するに普通の人にはこれが一番良いかも。




なぜか真面目に婚活してる感じの人が多いお見合いパーティーがPARTY☆PARTY。
人数が少ない分、一人一人とちゃんと話せる。また、運営もしっかりしている。




いかにも婚活なお見合いパーティーはエクシオ

良くも悪くも定番のスタイルだから、まず一度行ってみてからどういう婚活が自分に向いてるか考えるのが良い。ちなみに、女性は参加費が安い。

タグ: 婚活自論

プロフィール

アラサーリーマン

Author:アラサーリーマン
アラサーリーマン♂の婚活体験記ですが、婚活は終わったので、今は婚活に対する自論や、読者の方の質問に答えています。
極力きれいごとやウソは排して、本音で語ります。

恋愛相談、お仕事のご依頼、その他何でも oresama228@gmail.com までどうぞお気軽に。
誹謗中傷はやめてね。

それとTwitterはじめました。@oresama906
フォロー返しするんでよろしくです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
目標を立てて唱えてれば結婚できる!?胡散くさすぎる電子書籍も絶賛発売中!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR