スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚活を成功させるのに必要な3つのこと

---------------------------------------------------------------



出会い系やるならここ。登録者数が多いし、出会い系は基本「数撃ちゃ当たる」しかない。それと、Facebook経由以外の出会い系は過疎化してると思われ。
---------------------------------------------------------------

さて、現状報告。

連絡を取っている女性は3人。
もうメールのやり取りとスケジュール管理だけできつくなってきたので、これ以上ターゲットを増やしたくない。
また、すでにやり方は確立され、1人2人切れてもすぐに補充できるので何の問題もない。

断言する。
もうすぐオレの婚活は終わる。

思い返せば、ここに至るまでに絶対に必要だったことはたった3つ。
それさえ守れば、よほど高望みしていなければ上手くいく…と思う。

・髪型と服装はそこそこオシャレにする
「外見より中身」とかいうキレイゴトは絶対に信じてはいけない。
どんなに話が上手くてもダサい奴はそれだけで即切られる。
あとで別記事で書こうと思うが、オシャレすぎてもダメで、そこそこオシャレにする。
その加減を掴めば、ほとんど話してない女性にも好意を持たれることがある。
いや、マジで。

・上手く行くまでやり方を変え続ける
同じやり方に固執してはいけない。
ネットの出会い系がダメなら写真を変える、プロフィールの文章を変える、メールの内容、頻度を変える、または別の出会い系にしてみる。
それでもダメならお見合いパーティーにシフトしてまた色々試す。
とにかく、小さいことでも大きいことでも上手く行くまで変えて変えて変え続ける。
断言するが、婚活が上手くいかないのはほぼやり方の問題。
そして、ベストな方法は人によって異なるので、とにかく試しまくるのが手っ取り早い。

・上手く行く方法があったらひたすらそればっかりやる
自分に合う方法が見つかったら、バカの一つ覚えでそればっかりやる。
いつも同じパーティーに行くのが恥ずかしい…とか気にする必要はない。
ここまで来れば、あなたの婚活はもうすぐ終わる。
開き直ってラストスパートを駆け抜けるのだ!

一応注意点を言うと、見た目をそこそこオシャレにするのが一番先である。
まずそこをやらないと、どんなに出会いの数を増やそうが、いくら出会いの方法が自分に合っていようがザルで水をすくうようなもの。
効率が悪い、悪すぎる。

あと、良く言われる話の上手い下手とか、メールのやり方などは枝葉末節の問題だ。
そんな相手によってベストな方法が異なるものをいちいち考えるより、相性が良い相手を探す方が手っ取り早い。

聞き上手がモテるとか言うけど、おとなしい女性が相手だったら一方的に話しまくる方が上手くいくかもしれないでしょ?
メールがマメな男がモテるって言っても、メール嫌いな女性だっているよ?
そういうもんだ。
そして、そういうのをいちいち考えなくても上手く行く相手が相性の良い相手だ。

ということで、オレの結論は上記の3点のみやれってこと。
武運を祈る。

---------------------------------------------------------------



お見合いパーティーの老舗で、人数バランスがおかしいとかはまずなく、真面目に婚活してる人が多い。本気で結婚したい人で、男はルックス中以上か服装に気を使ってる人orハイスペック、女子は愛想よく振る舞える人にオススメ。




普通の人?には合コンがオススメ。話す時間が長いので人柄で勝負できる。合コンセッティング会社も色々あるけど、老舗でいきなり中止とかがないRushがオススメ。


タグ: 婚活自論

プロフィール

アラサーリーマン

Author:アラサーリーマン
アラサーリーマン♂の婚活体験記ですが、婚活は終わったので、今は婚活に対する自論や、読者の方の質問に答えています。
極力きれいごとやウソは排して、本音で語ります。

恋愛相談、お仕事のご依頼、その他何でも oresama228@gmail.com までどうぞお気軽に。
誹謗中傷はやめてね。

それとTwitterはじめました。@oresama906
フォロー返しするんでよろしくです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
目標を立てて唱えてれば結婚できる!?胡散くさすぎる電子書籍も絶賛発売中!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。