スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚相手は選り好みしまくるべきである

結婚は勢いだの、妥協が必要だの、見た目より中身だの、なんか負け犬の遠吠えみてーな発想だと思う。
自分がたまたま勢いやら妥協やらでも上手く行ったからって、そんな賭けみてーなことが常識化してるのは異常だよ。

よく考えてみて欲しい。

これが仕事だったらどうか?
勢いでよく調べもせずにブラック企業に入って廃人にでもなっちゃったらどうすんのよ?

それと同じことだ。
いや、結婚相手と過ごす時間や、離婚のイメージはまだまだ悪いことなどを考慮すると、仕事より大事なことかもしれない。
DV男と結婚したら下手したら殺されるぜ。

別に美人で性格も良い嫁を何が何でも探せってわけじゃない。
本気で相手を探しまくれば、よほどの男でなければ美人にはフラれる。
いや、フラれまくる。
いまいちな大学出では有名企業にはエントリーシートで足切りされるように、難しいものは難しい。

それでも見た目にこだわりまくるのならそれでいいし、そうこうしているうちに見た目それほどじゃなくても性格が良ければ良いと心から自分が思えるなら、それでいい。
がんばれば学歴が関係ない有名企業に入れる可能性があるように、またそれほどがんばらずにそれなりに堅実な中小企業を選ぶように。

大事なのは過程だ。
まずは選り好みしまくって、成功も失敗もしまくること。
途中途中の結果はどうあれ全力を尽くせば、頭の中でもや~っとしたイメージで選んでいたものが、現実に則した形で、自分の性格まで踏まえてはっきりしてくる。

そういうのをすっ飛ばして、たまたま出会った相手となんとなく結婚して、「勢い」だの「妥協」だのの言葉で正当化するのはどうかと思う。
「外見より中身」なんかそう、ただの自己正当化。
外見も中身も良ければそれに越したことはないじゃない?
単に外見も中身も良い人には相手にされるレベルじゃないだけなの、あなたが。

もちろんオレもそうだ。
要するに自分がショボいだけなのに、勝手に一般論にして「美人は性格が悪い」とか「イケメンは中身が薄っぺらい」とか人のせいにして正当化するのはどうかと思う。

もうすぐオレの婚活も終わるだろう。
少なくとも自分を全く正当化せず、モテないことにも真剣に向き合って、出来ないことは諦め、出来ることは改善してきた。
ショボいなりにベストを尽くしてきた。

最後まで逃げずに戦う。
そうすれば、仮に短期的には負けたとしても、長期的には絶対に勝つとオレは信じている。

とどのつまり、婚活にせよ人生にせよ、自分との戦いでしかないのだと思う。

タグ: 婚活自論

プロフィール

アラサーリーマン

Author:アラサーリーマン
アラサーリーマン♂の婚活体験記ですが、婚活は終わったので、今は婚活に対する自論や、読者の方の質問に答えています。
極力きれいごとやウソは排して、本音で語ります。

恋愛相談、お仕事のご依頼、その他何でも oresama228@gmail.com までどうぞお気軽に。
誹謗中傷はやめてね。

それとTwitterはじめました。@oresama906
フォロー返しするんでよろしくです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
目標を立てて唱えてれば結婚できる!?胡散くさすぎる電子書籍も絶賛発売中!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。