スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既婚者の言う結婚の不幸話を真に受けないこと

もう結婚しそうになってるから思うのだが、既婚者の言う「結婚なんて大したことないわ」的な話を真に受けてはいけない。

結論から言えば、独身より結婚してる方が大抵幸せだからである。
うっかり「結婚しても大変なら一人の方が良い」なんて思ってはいけない。

ではなぜ既婚者はあえて自虐的なことを言うかだが、これは単に日本の文化の問題である。
謙虚が美徳とされ、自慢は忌み嫌われる国なので、「結婚してほんと幸せ!あなたも早く結婚しなさい!」なんて言う人はまずいない。
むしろ、仮に幸せであっても配偶者の悪口を言う人の方が多いんじゃないかと思う。

バカップルなんて言葉もそうで、周囲を気にしないぐらい楽しそうにしてるのは冷静に考えたら大変幸せなことである。
だが、日本の文化的にはバカとしておきたいのだろう。

先日、観覧車に乗ってたら、人気のないところでは両隣のゴンドラに乗ってたカップルがここぞとばかりにいちゃついていた。
つまりね、一皮むけばみんなバカップルだよ。
てか、そうじゃないカップルなんてオレはイヤだ。

確かに、結婚したらそれが日常になりなんとも思わなくなるだろう。
だが、その日常が独身と既婚ではもう天と地ぐらい違う。

独身の日常などそれはそれはわびしいものである。
どんなに楽しい夜を過ごしても、家に帰れば一人。
もしくは「早く結婚して欲しい」と願う家族がいるだけで、むしろいない方が良いぐらい。
比べて、既婚であれば家に帰れば配偶者か子供かがいる。
この安心感みたいなものの差は非常に大きい。

また、ただ晩御飯を食べるにしても一人で食べるか、家族と食べるかで幸せの度合いがぜんぜん違う。
一人で高級料理を食べるなら、家族でコンビニ弁当食べた方が幸せそうだ。

下世話だが、常にセックス出来る相手がいるってのも非常に大事である。
これで人生の幸せは2,3割増すんじゃないかと思う。
女性のことは知らないけどさ。

そんなわけで、Facebookで良い年の独身女性がリア充感たっぷりに友達と遊んでる画像を見ても、何かムリに現実逃避してる感が漂い、「家帰ったら寂しいだろうな…」とむしろ哀れみを覚える。
だって、自分に置き換えるとそうだったんだもん。

ま、結婚して夫がDVだったり働かなかったり、妻がとんでもないヒステリーだとか浪費家だったりしてむしろ不幸になることもあるけど、それはあくまで例外。
少なくともオレの周りでは見たことないので、あまり気にすることはないだろう。

ということで、既婚者の自虐発言は「そういう風に言うものだ」と聞き流してがんばりましょう、と。


PR

↓から申し込んでくれるとオレが儲かる、って奴なんだけど、全部自分でやってみた経験を元に書いてる。
良かったらよろしく頼む。



出会い系やるならFacebook経由でサクラがおらず、登録者数が多い【pairs】
ちょっとマメさは必要だがそんなに費用もかからないので、婚活の登竜門的な感じだ。




ネットの評判は一番良いお見合いパーティーがホワイトキー
途中で配られるのと、終わってからネットで見られる分析されたデータは確かに凄い。何が何でもカップル成立したい人には良い。




一人でも、グループでも合コンセッティングしてくれる[ Rush(ラッシュ)]

お見合いパーティーよりしっかり話せるので人柄で勝負できる。要するに普通の人にはこれが一番良いかも。




なぜか真面目に婚活してる感じの人が多いお見合いパーティーがPARTY☆PARTY。
人数が少ない分、一人一人とちゃんと話せる。また、運営もしっかりしている。




いかにも婚活なお見合いパーティーはエクシオ

良くも悪くも定番のスタイルだから、まず一度行ってみてからどういう婚活が自分に向いてるか考えるのが良い。ちなみに、女性は参加費が安い。



タグ: 婚活自論

プロフィール

アラサーリーマン

Author:アラサーリーマン
アラサーリーマン♂の婚活体験記ですが、婚活は終わったので、今は婚活に対する自論や、読者の方の質問に答えています。
極力きれいごとやウソは排して、本音で語ります。

恋愛相談、お仕事のご依頼、その他何でも oresama228@gmail.com までどうぞお気軽に。
誹謗中傷はやめてね。

それとTwitterはじめました。@oresama906
フォロー返しするんでよろしくです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
目標を立てて唱えてれば結婚できる!?胡散くさすぎる電子書籍も絶賛発売中!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。